検品の求人に向いている人はどのような人なのか

検品作業の注意点について

検品作業の求人はアルバイト、パート、派遣業務などで広く募集されており、未経験者や1日単発就業者でも歓迎されていたりします。作業の内容は主に商品のラベルの印字が間違っていないか、商品にはるシールが正しい位置にきちんと張られているか、あるいは商品の数量や種類や重量が間違っていないか、梱包がきちんとできているかなどの検品作業に加えて、商品の供給や補充が多いです。
最初の内は不良品を出さないように注意するため、集中して作業することとなります。ただし慣れてくると、ラインのスピードが上がって焦って検査がおろそかになったりします。その場合は、検査自体に費やす時間を確保するために段取りを効率化することを考える必要があります。
休憩時間や作業の合間で少し時間の空いたときに梱包を開けておくとか、供給する商品を手早く補充できるように並べておくなどの段取りを進めておきます。そうすると作業に余裕が生まれ検査自体も焦らず行うことができます。
また検品作業のみの場合は、飽きっぽい性格の人だとだんだん飽きてきて作業が雑になることがあります。その場合でも、作業の効率化を考えたり、他に検品作業をしている人と、不良品が出た場合は共有するなどして積極的に情報交換するなどしておくとよいと思います。

検品の仕事が持っている特徴

物流会社の検品求人に応募し、スタッフとして採用されたとします。仕事はトラックが倉庫へ運んできた段ボール箱を調べ、依頼した通りの内容かどうかを確認することです。1つずつチェックしていく作業なので、几帳面な性格の人にはうってつけな仕事と言えます。あと調べた箱が異なっていた際は、上司にあたる人物にきちんと報告して処理してもらいます。
検品は簡単ではありますが、メーカーに間違った品が届かないようにする役割も兼ね備えているので、責任重大な仕事です。なので働く人達の顔つきは常に真剣な表情をしています。軽作業でも一つ間違えると周囲に迷惑がかかるからです。経験が浅い人は余裕だと感じながら作業をしますが、その逆に検品経験が豊富なベテランの方は何も考えずにただひたすら業務に専念します。仕事効率については経験がある人の方が能力的に上です。
検品の求人はバイトという形で募集をすることが多いです。働く場所は物流会社の倉庫、工場内の倉庫、通信販売を主に手掛けている会社などです。工場内の倉庫に配属された際は、出荷前の製品の状態をチェックして異常がないか確認をします。通販の商品を販売する会社では、お客に配達する予定の商品が正しいか調べます。

主婦の方やWワークを希望する方が働きやすい週1回~勤務可能なお仕事が多数ございます。 勤務地近くの現地会場にて出張登録会を実施してます。 週1回のお仕事や短時間勤務のお仕事が多数あります。 愛知支店は栄生駅から徒歩1分でアクセス可能です。 お仕事の案件数は1,500件以上、5,000名以上の派遣スタッフの方が勤務しています。 全国1,500件以上のお仕事をご紹介しています。 梱包・検品作業のお仕事の求人を探すならエフエージョブ

recent information