検品作業の求人へ応募するための方法

検品作業の求人は派遣会社を経由しよう

検品作業がやりたい場合、その求人はどう探せば良いでしょうか?まず検品作業を会社の求人として、求人サイトに出していることはほとんどありません。派遣会社に登録し、その派遣期間経由で単発アルバイトとして向かうことがほとんどとなります。そのためまずは派遣会社に登録しましょう。派遣会社には良い悪いがあるためよく調べ、検品作業の仕事がどのくらい来ているのかも調べましょう。そして検品作業の求人は、短時間で終われるものはほとんどありません。一日8~9時間働くことになります。そのため短時間勤務が良い方には向いていません。
そしてこの仕事は男女比は半々くらいか女性がやや多い程度だと思います。検品作業の場合、作業場所が駅から離れていることが多く、駅で他の派遣の方と待ち合わせして一緒に向かうことがほとんどです。ですが帰りは皆で一緒に帰る決まりはないため、地図を把握しておくようにしましょう。
現場に着いたら会社の方からの指導を受けることとなりますが、検品作業は単独作業ではなく、チームプレーで流れ作業になります。そのため無断で持ち場を離れたり、独断で作業をするのはやめましょう。検品作業が気に入ったら、他の派遣会社に登録すればまた違う現場に行くことが出来ていろいろ経験出来るので、それもおすすめです。

検品求人の探し方を紹介します

地域にある職業安定所に行きPCの画面で、検品と入力して検索をかけます。すると工場内や中古専門店などいくつか候補が出てくるので、気に入った所を選んで紙を印刷します。プリンタから出された紙を受付の所へ持って行けば、面接の手続きを代行してもらえます。実は検品のみの募集をしている所はあまりないです。検品の他に荷受け、値札付けや袋詰めなどもしなければいけない場合が多いです。ただ、どの仕事も軽作業が大半なためすぐに覚えることができます。
工場や物流会社では繁忙期に入り忙しくなると、新聞折込チラシに募集の広告を入れます。そのチラシに書かれている電話番号に連絡を入れれば、面接の手続きをすることが可能です。土日は募集場所も休日にしていることもあるので、平日に連絡を入れると良いでしょう。物流会社に応募する際は、運転免許がなくても問題ありません。倉庫内で検品するのみで、自動車を使う機会がないのが理由です。
ネットのブラウザで地域名と検品求人で検索すれば、すぐに対応したサイトが出てきます。求人サイトに入り見ていくと、検品作業員の募集をしている企業がズラリと並んでいるので、通勤できそうな所を選んで応募しましょう。サイトから応募する場合は個人情報を専用のページに入力する必要があります。電話番号に直接連絡した時は会社の事務員が出るので、サイトを見たことを報告すれば面接希望者だと分かってくれます。

recent information